3年目のヨコハマ保活

3年続いた保活が2021年に終了しました。2年目からは激戦区港北に突入し、とりあえず終了しました。

はじめに

 

2018年横浜市某区から私の保活はスタートしました。そして港北区への引越しを経て、2020年10月現在、今年も私は申請書を書いています。

間に引越しを挟んでの3回の保活をする間に、ブログや掲示板、ネットの情報など色々と参考にさせて頂きました。最近はnoteで書く人が多い印象ですね。

横浜市 保活 加点

などのキーワードで検索すると色々と引っかかってきます。

自分が保活している気分になってくるような記事もあれば、これは明らかなデマでは…と思うものもあります。

1つのケースとして私も何か還元したくなり、投稿してみることにしました。

何か間違っていたり、新情報があると遡ってしれっと記事を書き換えます。そういう編集ポリシーです。

 

なお人気のあるコンテンツは資料系のようなので、リンクを貼ります。

私自身の保活は2018から2020年(2019年4月入園から2021年4月入園)にかけてなのですが、新設が続々とされるエリアで2020年に悩んだあれこれや当時の状況を強調しつつげるのもアレなので、2022年から私自身の保活リンクは外し、カテゴリにわけることにしました。

 

 

 

保活は終わった(と思う)のですが、粘着質に保活情報を見ています。

 

資料編 

ponpn.hatenablog.com

 

 

ponpn.hatenablog.com

 

ponpn.hatenablog.com

 


 

 

カテゴリ

多くなっているのでカテゴリをわけました。横浜市の保育園の話しかありません。

定点観測は横浜市港北区の入所待ち人数を毎月貼り付けて適当なコメントを残しています。

 

2024年4月以降?横浜市港北区保活 綱島東に保育所含むビル建設か。

10月分の標識設置届状況によると綱島東一丁目に保育所含む7階建3棟構成の建築物がたつそう。

標識設置届出状況(中高層建築物条例) 横浜市

 

場所は下記のpdf21枚目を見る限り新綱島駅周辺土地区画整理エリアの南側の川沿いですかね。

現地には標識が建っていると思うので、それを見れば完成予定時期などもう少し状況がわかるかと思います。そのうち建設データバンクなどに載るかもしれないので、メモがわりに。

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/machizukuri-kankyo/toshiseibi/jokyo/kukakuseiri/tsunashima/tunakukakuseiri.files/0009_20190411.pdf

 

近くに小規模もあるので、既存園の建て替えである可能性もなくはないですね。

どこか知らないが企業主導保育が月末閉園するらしいとのつぶやきを見たので。

12月の利用申請は、保留通知をゲットして年度限定保育に申し込むためにも就労証明が間に合おうが間に合わなかろうが、申請書本体は確実に出しておいた方が良かった状況だろう思います。区役所でその辺りのアドバイスがなかったとすれば非常に残念(年度限定に空きがない区や0歳児の保護者に対する対応であれば仕方ない面もありますが)。

 

つぶやいた方のお子さんは一歳だそうで、0歳児クラスかもしれませんね。そして怪しいところを検索したらGoogleで閉業になっていました。この方の園かは知りませんが、そういう世の中なんだな、と。

 

仕事の状況で全く浮上できません…

 

11/11 今回の件では何らかの申請期限に特例が設けられたみたいですね。12月か4月の利用申請かわかりませんし、実際利用決定されるかはわかりませんが、こんな対応もあったのかもしれないという漠然とした記録としてメモ。

 

企業主導型保育園が11月末で閉園 横浜市が転園対応も(tvkニュース(テレビ神奈川)) - Yahoo!ニュース

11/17 港北区の皆さんは薄々そうではないかと思っていたかと思いますが、やはり港北区でした。12月利用申請期限が16日まで延長されたようです。

子どもが1歳未満で期間雇用でも就労開始直後でもない方は法定の育休を取ることができるかと思うので、年度末まで休む選択肢もあるでしょう。今回が法の言う特別な事情にあたるかは知りませんが、1歳以上でも休みは再取得できる可能性は高そうですがおそらく給付金はもらえないのではないかと…会社などに確認してください。

保護者には何の責任もない状況ですから、焦って不安の残る保育園に入る必要は全くないと思います。休むべきという話ではなく、そのような滅多にない事情で突発的に育休を取得することを許容できる社会が望ましいのではないかということです。

育休の給付金はあまり詳しくないですが、こんな事情であれば1歳以上であっても保留決定による育休延長相当の補償を受けられる制度設計であって欲しいとも思います。公による保育園の整備が追いつかないことに対する手当が育休延長による給付期間の延長であり、今回の件は認可園の代替措置として整備された企業主導型のリスクが顕在化したものですから、根は同じだと思うのです。

2023年4月横浜市保活 新設園更新。箕輪町もありました。

さて更新をさぼっていましたが、新設園、綱島西以外にも来ていました。サプライズですね。

箕輪町の運営会社は企業主導型保育園を運営しているところですね。

場所は箕輪舟下公園の東側の駐車場あたりでしょうか。

令和5年4月に開所予定の保育所等について 横浜市

 

先月公表の話になりますが、小規模のイルカ保育園は横浜保育室からの移行でしょうか。

2023年4月入園横浜市保活 申込スケジュール公表

しばらくコロっていました。

就労証明の様式公表が曜日の関係で例年より遅いでしょうか。

港北区

令和5年度4月保育所等の利用申請を希望する方へ 横浜市港北区

横浜市共通の

令和5年度に保育所等の利用を希望する方へ 横浜市

 

横浜市共通のページには窓口申請締切として11/16が載っています。

港北区だけは例年窓口申請の案内が載らない(受け付けないのか、来場抑制のため広報しないだけなのかは不明)ので、締切は2日だと思って準備することが必要です。

2023年4月入園横浜市保活 申込スケジュール公表

しばらくコロっていました。

就労証明の様式公表が曜日の関係で例年より遅いでしょうか。

 

令和5年度4月保育所等の利用申請を希望する方へ 横浜市港北区

2023年4月入園から適用の利用調整基準。意見募集中!

「横浜市給付認定及び利用調整に関する基準」の一部改正について(意見公募) 横浜市

 

 

改正概要だけでおなかいっぱいです。

https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/yokohamashi/org/kodomo/sonota/shingikai/jidofukushi/jidoufukushi.files/20220630jidou.pdf

児童福祉審議会の会議資料を見ると具体的にどの事由でどの箇所を改正しているかの参考になります。

 

多数の方に影響がある内容は限られていますし、利用調整基準への記載なしに運用されていた部分がルール化されただけで運用に変更のない部分もありますので、目についた点だけご紹介。

原文を詳細に読まれる方には、改正概要の改正趣旨を説明している部分をしっかり把握することをおすすめします。改正後の規定は今後いつでも読める一方で、改正概要は意見募集の手続きが終われば読めなくなってしまいます。この改正によって発生した抜け穴的な有利不利ともに改正の目的や趣旨にあっていなければ、意見公募で撤回されたり、来年すぐに改正されたりしてしまう可能性が高いからです。今年の秋から短期育休によるボーナスにかかる社会保険料節約技は使用不可になります。これは育休中の社会保険料免除規定の趣旨にボーナス免除バグが含まれないからです。

そもそもボーナスの社会保険料は標準報酬方式ではなく支給額比例で支給がなければ支払いもゼロなので、事業主負担分はともかく普通の育休でも本人負担分は免除する必要がな…多方面から怒られそうなので自重します。

 

 

認可外加点で一時保育が対象となる一方で週4の託児要件が明文化に。

この週4という定義は週3までは一時保育のみでクリアできてしまうことから、一時保育だけで就労出来ている方は一時保育で十分でしょうの意のように解釈しています。

改正概要には

また、「週4日以上」という対象条件を明 記します。

とあるので、この部分は、これまでこのように運用していましたが、基準に記載はありませんでした。ということで、新たなルールではないという説明です。私は認可外加点は問い合わせたことはありませんので、実際どうかは知りませんが。

 

日吉の某所も来年3月でサービス終了らしいので、2024年4月からの日吉エリアの保活で認可外加点で闘うということがどれだけメジャーなのかわかりません。

大事なのは、来年4月の利用調整は9月末基準で判断されるので、認可外加点を得るなら再来月には実績がないといけないということです(もっと言うと確実に利用するには来月8月には予約を確保するなりの対応が必要)。

 

認可外加点をご自分で取ることがない方向けに補足すると、認可外加点を安く取ったり、認可園相当の保育環境があるベビーホテル等のサービスが近隣にない場合、一時保育をメインとして他のサービスを併用するのは、アリではあるのですが、一時保育の枠をそこまで確保するのはわりと大変、かつサービス併用すると日々の登園支度が違うなど、保護者のストレスは高いので、私の感覚だと仕事で他に方法がなかったり習い事感覚など好きでやっていたりしないと実施は難しいです。この改正で認可外加点を取ることがメジャー化するということは、全くないと思います。逆に良い保育環境の認可外が近場にあれば、単にお金や受入月齢の問題なので、認可外加点はハードルが低いのです。実際3歳児クラス以上は幼稚園通ってゲットできますからね。

 

小規模卒園時に育休中だった場合の利用継続要件緩和

以下引用の改正概要の趣旨から考えても利用調整の際には就労ランクかつランクアップで何ら不利にならないという理解でいいんですかね。

これは小規模にはかなりポジティブな改正です。3歳児クラスからどこに行くか、入園時に確定していないというのが小規模最大のデメリットですが、その代わり3歳児の利用調整がかなり有利になるので、そのタイミングで市内で引っ越したりすると保活が相当楽になります。そこから更に下の子が産まれるタイミング調整が免除されるということになれば、持ち家検討中の層には小規模は悪いことがほぼない、ということになると思います。

ウ 地域型保育事業等の卒園児が、他の施設に進級後に育児休業中の利用継続を希望する場合の対象施設の拡充について
(ア) 見直しの考え方
地域型保育事業等の卒園児が連携施設に進級する場合に限定して育児休業中の利用継続を認めてきましたが、妊娠・出産を希望する方がその時期を保育所等の利用状況に影響されないことが望ましいと考えられるため、地域型保育事業等の卒園児が、他の施設に進級する際に育児休業中の利用継続が必要であると認められる場合は、対象施設を限定しないこととします。
(イ) 別表1「保育の必要性の認定基準」について
保護者の育児休業に係る子ども以外の小学校就学前子どもが地域型保育事業、認可乳児保育所又は横浜保育室の卒園児であり、進級時に特定教育・保育施設等を引き続き利用するこ とが必要であると認められる場合の取扱いを追加します。

 

利用調整の対象とならないケースのうち横浜市が別に認めたものの内容は不明確な部分が残る

今回、小規模で優先入所を決めると4月の利用調整は受けられない、4月の一次利用調整で決まると、二次利用調整には申し込めないなどのルールが明文化されましたが、後者は引越しの場合やきょうだい別園のケースは二次利用調整に申し込めていたはずです。これらは横浜市が別に認めたもの、という立て付けなのだと思いますが、区によっては利用案内に明記されているレベルの内容が基準に載っていないのは残念です。他は福祉保健センター長が判断するのにこれだけ市が認める点も謎ですね。そして利用調整の対象としないという最も不利益の程度の重い判断は結局福祉保健センター長が個別にできる、という。

 

他は、医ケア児対応や優先保育士の定義は市民の声のコーナーで要望を見た気がするので、要望のあったものに対応ということでしょう。これまでになく細かく対応しているように見えるので、今後の保活でスペック的にルールの狭間に落ちそうな方は投稿すると良いのではないでしょうか。

一方要望の多かった復職期限延長は対応されませんでした。

医ケア児の保育対応

横浜市 市民局 広聴相談課 「市民の声」の公表(詳細)

企業主導型保育の保育士優先

横浜市 市民局 広聴相談課 「市民の声」の公表(詳細)

 

8月の待人数も後日!

2023年4月新設園 整備が必要な地域更新により7月新設決定候補のエリアが判明。

更新されていました。

整備が必要な地域一覧 横浜市

行間を読むと、今手あげしている業者がいるために、今後消えるかもしれない地域は網掛けになっている、という理解です。

2022/7/5補足 7/1に更新され、網掛けエリアは消えました。

 

残念ながら港北区は網掛けがないので望み薄ですが、上大岡エリアや港南台エリア、長津田、大船は何かしらの運営事業者が見つかったようです。これらは小規模と両方リストにあがっているのでどの事業を行なうのかわかりませんが。

小規模や1・2歳児園ではそれらに加え、高島町戸部エリア、十日市場、二俣川、立場、瀬谷エリアが網掛けです。

 

6月末の児童福祉審議会保育部会で議題になっている新設園はこれらの網掛けエリアからになるでしょう。日吉綱島エリア住民的には残念です。超激戦エリアで一社くらいの手上げでは消えることはない、とい理由であえて網掛けされていない可能性はないわけではないですが…。