3年目のヨコハマ保活

3年続いた保活が2021年に終了しました。2年目からは激戦区港北に突入し、とりあえず終了しました。

はじめに

 

2018年横浜市某区から私の保活はスタートしました。そして港北区への引越しを経て、2020年10月現在、今年も私は申請書を書いています。

間に引越しを挟んでの3回の保活をする間に、ブログや掲示板、ネットの情報など色々と参考にさせて頂きました。最近はnoteで書く人が多い印象ですね。

横浜市 保活 加点

などのキーワードで検索すると色々と引っかかってきます。

自分が保活している気分になってくるような記事もあれば、これは明らかなデマでは…と思うものもあります。

1つのケースとして私も何か還元したくなり、投稿してみることにしました。

何か間違っていたり、新情報があると遡ってしれっと記事を書き換えます。そういう編集ポリシーです。

 

なお人気のあるコンテンツは資料系のようなので、リンクを貼ります。

私自身の保活は2018から2020年(2019年4月入園から2021年4月入園)にかけてなのですが、新設が続々とされるエリアで2020年に悩んだあれこれや当時の状況を強調しつつげるのもアレなので、2022年から私自身の保活リンクは外し、カテゴリにわけることにしました。

 

 

 

保活は終わった(と思う)のですが、粘着質に保活情報を見ています。

 

資料編 

ponpn.hatenablog.com

 

 

ponpn.hatenablog.com

 

ponpn.hatenablog.com

 


 

 

カテゴリ

多くなっているのでカテゴリをわけました。横浜市の保育園の話しかありません。

定点観測は横浜市港北区の入所待ち人数を毎月貼り付けて適当なコメントを残しています。

 

閑話休題61 横浜市保活 市民の声コーナーより某区保育所で一斉退職情報

横浜市 市民局 広聴相談課 「市民の声」の公表(詳細)

横浜市 市民局 広聴相談課 「市民の声」の公表(詳細)

 

おそらく同じ園でしょう。

3月に一斉退職があり、それに対する事前説明会、他に個人情報紛失があったと。

これらについてクレームがあり、区役所が訪問して保育士の配置確認が済んでいるということと今後個人情報の紛失に関して指導があるということでしょうか。

 

この訪問が特別指導監査であったのか、単なる訪問だったのかは明らかではありません。

 

自身の子どもが通園する園で一斉退職に近いような保育者の入れ替わりがあった場合、保護者に知らされるような時点ではそれを止める手立てはほとんどないというのが現実でしょう。

しかし、この件にあるような状況であれば区役所にクレームを入れて保育体制に関して確認を要求する、継続的に注視してもらうというのは、可能なことのように感じました。

 

丁度昨年の監査でどのような指摘があったかが、下記の説明会資料の中に記載がありましたが、年度末退職どころか、年度途中の大量退職があったと記載があります。S区の件でしょうか。

その他には

一部の職員により、児童の人権への配慮が欠けた保育が行われていた。

 

徴収することが認められない費用について、保護者から徴収していた

 

全治30日以上の重傷事故が発生していたが、区への報告が行われていなかった。

といった園児保護者に直接不利益のある案件、その他防犯防災に関する不備の指摘多数もありました。次年度以降の保活の参考とするためにも指導監査結果の更新が待たれます。

https://www.city.yokohama.lg.jp/business/bunyabetsu/kosodate/ninka/siryoutou.files/0037_20220516.pdf

法人・施設向け説明会資料等 横浜市

 

監査や立入調査の結果は下記リンク集から

ponpn.hatenablog.com

 

閑話休題60 横浜市保活 待機児童数発表、待機児童は減、保留児童は微増だが育休希望ケース増加が原因か。

昨日出ていましたね。

Aランクの待機児童は1人になりました。一方で保留児童は微増。育休延長関係が増えていました。

育休関係の数値は、今年から育休希望と育休許容に分かれてわかりやすくなりました。

どちらも増えていますが、コロナも流行しているのでわかる気はします。

待機児童Aランク1人を言葉どおりAランクならほぼ安泰と考えていいかは、よくわかりませんが、保留児童の微増については、内訳の育休希望(許容ではない)の増が保留児童数の増加数を上回っていますから、気にする要素ではないかなとと思います。

保留児童の43.9%の親が育休延長を望んでいるという状況です。

2022/5/19 年齢別の育児休業延長希望でない保留児童の人数が公表されていましたので、貼り付けます。

f:id:popon0:20220519122530j:image

1歳児クラスの保留児童数は見た目の半分くらいだということで、入園意向のある保留児童は実は2歳児クラス>0歳児クラスであるという。まあ、みんな2歳児より0歳児の方が入りやすいとは薄々わかっていたことですが、ここに2歳児の枠の少なさを加えて考えると何とも言えない気持ちになります。ただ、小規模はどう見ても2歳児の方が余っているので、小規模の難しさを感じます。

市長定例記者会見(令和4年5月11日) 横浜市

 

横浜市の待機児童対策 横浜市

 

さて区別の状況ですが、保留児童の43.9%の親が育休延長希望という状況で、例年やっている利用定員に対する保留児童数の比率が何を示すのか、私の中でよくわからなくなっていますが(あまり多いとそれはもう、入所できなかった児童の割合ではなく、定員数と育休を1歳以上取りたい無期雇用労働者の比率を表しているだけの数字かなと)、港北区は昨年3.9%から3.6%と少なくなっていることがわかります。それって少なくなっているの?とお思いの方にお伝えすると、横浜市全体では昨年3.9%だったのが、保留児童増加により4.1%になっているので、育休延長希望拡大という港北区でも例外ではないと思われる時代の流れに逆らって減っているのは中々という感じがします。

それでは育休延長希望の市全体の人数がわかり、就学前児童数に占める育休延長希望の割合が0.8%であるとわかるので、各区の保留児童数から区の就学前児童数の0.8%を引いてみましょう。そしてその数を定員数で割った比率でベストとワーストを見てみましょう。

実際には保育ニーズ割合が示すとおり、区によって保育園に入りたいと思う人の比率は違うので、当然育休延長希望の比率も異なるとは思うのですが、多少育休延長希望について補正された入りやすさが見えるはずです。

 

この育休延長希望割合を控除した場合、最も保留割合が低いのは鶴見区です。唯一1%を切って0.39%でした。控除してもしなくてもぶっちぎりです。

次に入りやすそうなのが、意外にも中区です。1.41%でした。そして、西区が1.81%と金沢区1.82%をギリギリ上回ってきました。

我らが港北区は8位2.11%で、半分より上です。

ワーストは、栄区5.94%、南区3.57%、港南区3.45%です。

栄区は何で待機児童いないんでしょうね。

 

一応計算したのでお伝えしましたが、これ自体は区で平たくした数字なので、地域によってムラが出ています。その上地域によってフルタイムワーカーが多いところとBランクが多いところがありますから、ボーダーはこの数字とはまた関係ないものと思った方が良いでしょう。こんな数字を間にうけるより、タスクフォースの色分け地図を虫眼鏡で見た方が実際には役に立つでしょう。

 

ponpn.hatenablog.com

 

ponpn.hatenablog.com

 

 

 

それにしても、出てきませんでしたね、タスクフォースの資料。残念です。

 

定点観測2022年6月 横浜市港北区入所待ち人数

前月はこちら

 

ponpn.hatenablog.com

 

5/2に更新されていました。

今年の待機児童数は4月には発表されませんでした。一昨年は5月でしたので、しばらくかかるのかもしれません。例年8月には厚生労働省が公表するので、それまでには公表されるのではないかと思いますが。

今月の空き枠は小規模0歳児クラスであれば、わりと多くの地域で1名は6月募集枠があるなど、昨年より余裕があるように思えます。これが、単に待機児童が解消してきたせいなのか、コロナも長期化したため、育休延長への抵抗感が低くなり、希望園に書く園数が減った結果なのかはよくわかりません。

某人気園に併設された認可外園は役割を終えたため、来年3月で学童にサービス変更と聞きました。枠の問題なのかマインドの問題なのかはさておき、とっくに時代は学童とか中受とかなんでしょうか。

一時保育実施園も増えた気がします。

https://www.city.yokohama.lg.jp/kohoku/kurashi/kosodate_kyoiku/hoiku/hoikujo/hoiku.files/0183_20220427.pdf

 

さて、入所待ちでも昨年比で見ると、日吉方面の0・1歳児は減ったかどうかは怪しいですが、2歳児は相当待ち人数が減っています。これは新設園効果でしょうか。綱島方面は明らかに落ち着きを見せています。

来年の新設で日吉も1園は確保されました(既存のニーズに合っているかは不明ですが、ブリリアが竣工すればニーズはあるはず。)。

 

毎年利用調整基準の改定について注目していたのですが、このような状況だと保育士優遇について横浜市がシステムや導入しているAI?等を改修して利用調整基準を細かく改定するメリットはあまりないかも知れません(あくまで待機児童対策として優遇されているので、解消されればされる程、認可外保育士を優遇する理由がなくなる。)。

横浜市役所 | DX Suite | 最高のAI-OCRを。

 

入所待ち人数

f:id:popon0:20220502174919j:image
f:id:popon0:20220502174923j:image

 

ponpn.hatenablog.com

 

 

 

 

閑話休題59 横浜市保活 現況届の就労証明書と復職証明書様式データについて

在園者には現況届が配布されています。

今月入園の方で復職証明のある方は復職証明のコピーで就労証明を代用できますが、就労証明書で復職証明は代用できませんので、復職証明書を使いましょう。

特に記事にする価値はないのですが、たまたまコロナなどで休んでいると園から書類を受け取れず、就労先に書類を依頼するのも遅くなってしまうため下記の様式のページも併せて共有します。

 

園に提出するので園ごとに微妙に締切は違うと思われますが、最終締切は区役所に5/27まで提出であると思われます。

就労要件ではない場合は別途書類が指定されています。

 

就労証明書データはここ

よくある質問(誤記入時の訂正方法、就労先就労時間が変わったなど)も掲載されています。

令和4年度 現況確認について 横浜市

復職証明書データはここ

令和4年度に保育所等の利用を希望する方へ 横浜市

 

2022/4/21追記 企業の方が検索で引っ掛けてくるケースがあるのでしょうか。秋も感じたのですが証明絡みは意外とアクセスがあります。人事労務部門の方が気になるポイントとして、時短勤務の書き方があるかと思います。あれ?以前の雇用証明では時短でもフルの労働時間をかかなかっただろうか…今回時短は時短適用後の就労時間を書けと書いてあるよ、まさか前回間違った?と。ご心配無用です。秋に書かされた就労証明は時短適用前の就労時間を書くので間違いありません。用途が違うのです。秋のやつは入園の優先順位を雇用形態で決めるために本来の雇用形態としてフルタイム雇用なのか違うのかを問われており、今回の現況届のための就労証明は保育園の利用継続と利用時間を決めるために就労の継続と現実の労働時間を問われているのです。紛らわしいのですが、証明の用途が違うのです。泊まりの出張とか、宿直とかは特記事項に書かなくても加点とかそういうのはこの就労証明にはないので恨まれたりはしません。ただし、この時期に入園の申込をする人もいるので、そっちの証明書様式の場合はちゃんと書いてあげてください。

 

2022/4/26 秋のやつも名称は就労証明でしたので、字句修正しました。横浜市の保育園に通っていない方には2つの違いの意味がわからないですよね。

2023年4月横浜市保活 新設予定園のページ来ました

 

令和5年4月に開所予定の保育所等について 横浜市

 

リンク先のタイトルのせいで嘘情報のように…

 

綱島西に2園きているとは。相変わらずの強さです。

日吉3丁目は限りなく川崎市かもしれません。東京建物のマンションとの位置関係はわかりません。市境に建つ東京建物のマンションに住む人の住所はどうなるんでしょうね。隣の保育園に住民票がないから入れないなんて悲劇でしかないです。

“建物は横浜、出口は川崎”綱島街道沿い日吉3丁目の市境にマンション計画 | 横浜日吉新聞

2022/5/12 開園中止になりました。

横浜保育室の移行は大倉山でした。現行の名称は大倉山べびーるーむですね。

 

定員が40名の保育園がありますが、昨年横浜保育室から認可園へ移行した都筑区の保育園は2歳児までの乳児認可園でしたから、今回の40名定員の園は同様の可能性がありますね。

 

------------

予算情報からの進捗メモ

認可園12園(1・2歳児保育所含む)→6園決定、残り1・2歳児保育所含み6園

小規模19園→5/10まで法人一次募集。決定は7月上旬予定

家庭的保育事業2ヶ所→昨年実績では7月から法人募集

幼保連携認定こども園への移行2園→1園昨年決定済み、残り1園。昨年実績では6月から法人募集

幼稚園型認定こども園への移行4園→昨年実績では6月から法人募集

横浜保育室の移行5園→4園決定、残り1園

 

まだ、小規模などは整備法人が決定していない状況です。以前の記事でもお伝えしたとおり、1・2歳児保育所は3園分くらいの予算があるように思うので、通常の認可園としては残り34園くらいである可能性もあるのですが、まだまだ整備が必要な地域は色々残っています。

重点整備区域である日吉駅エリアは川崎市ギリ保育園でクリアしたとして、綱島東含む綱島駅(東側)エリアはどうなるのでしょうか。

 

2021/4/21 2次募集が始まり、選考スケジュールが公表されましたが、次の新設園公表は7月になりそうですね。

 

 

ponpn.hatenablog.com

 

閑話休題58 日割り対応は終了しましたが、全面休園数はV字回復中

https://www.mhlw.go.jp/content/11920000/000919748.pdf

タイトルどおりです。

4月入園された方は休園したらどうするか、怪しげな発熱したらどうするか、濃厚接触者となったらどれくらい休んだり自宅勤務する必要があるかをすぐに会社に説明できるよう、余裕があるうちにシミュレーションをしても良いでしょう。自分や家族が体調不良になると地味な調べごとも負担です。

新型コロナウイルス感染症対策に係る保育所等の対応について(令和4年4月1日時点) 横浜市

 

誤解を招く書き方でしたが、休園になった場合は日割になります。日割りにならないのは、自主的に登園自粛した場合です。